忍者ブログ
+=== Akato's personal Web-log @ Ninja ====+
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

三河物語(作:安彦良和)
大久保彦左衛門という人物は、時代小説家のかたがたが好むモチーフらしく、わりと色んなところで見かける気がする。
たぶん戦国を残した江戸という感覚を最も色濃く象徴する人物なのかもしれないが、大概の時代小説の中でも、やはり相当の頑固者&忠義の士として描かれていて、この作品でも同じ切り口だったので、すんなり人物像が浮かんだ。
しかしこの作品では彼を主人公にせず、何も知らずに農民を嫌で飛び出し侍になろうとして彼の家来になる若者を主人公にすることで、感情移入ができ、その後にくる彦左の陰影がじんわりと胸にくる。
実在の「三河物語」が老人の繰言ばかり、と解説で評されてるのも、また彦左衛門らしいと思ってしまうのが、この作品の魅力か。

KOEIから「太閤立志伝」という、戦国時代に生きた有名武将、剣豪、忍者、商人の誰にでもなれるというゲームがあるんだが、今度はちょっと大久保彦左衛門と仲良しになってみようかと思った。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ブログ内検索

最新コメント

(09/22)
(09/20)
(09/20)
(09/20)
(09/08)
最新トラックバック

QRコード

アクセス解析

月暦

08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気


-天気予報コム-
あんてな

Amazonサーチ

Google


Google
WWW を検索 akato.blog.shinobi.jpを検索
忍者ポイント広告