忍者ブログ
+=== Akato's personal Web-log @ Ninja ====+
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「豆腐小僧双六道中ふりだし」(京極夏彦 著)
「豆腐小僧双六道中ふりだし」(京極夏彦 著)読了。

豆本ってこんなに厚かったか?というのが最初の印象である。
大体重いし、寝転がって読むのが読みづらい、半身浴しながら読書なんてことも無理だ。
だけど面白い、読まずにはいられない。ひどい話である。
いや話は滑稽である愛嬌さえある、だがテーマが重い。
ようは、何故に存在し、何ゆえにこの世から消えるか、ということである。
ほらみろ、ひいた。そんな哲学的なモチーフなぞ古臭い、辛気臭い、重苦しい。
それを埋めるように文章は軽妙で、狂言回しは軽佻浮薄、いわゆる馬鹿である。
馬鹿なのだが、真剣である。ふざけている様子でいて、ちともふざけていない。
そういうキャラである。そういうキャラの話である。

たぶんどこかで感じているようなこと、誰しもが考えるそんなこと、些細な気づきでさえ、やたら定義づけされる世の中である、
それを曖昧な姿のままにしてくれないのならば、結局は私たちもそういうキャラで化けて出るしかない?

豆腐小僧双六道中ふりだし
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ブログ内検索

最新コメント

(09/22)
(09/20)
(09/20)
(09/20)
(09/08)
最新トラックバック

QRコード

アクセス解析

月暦

11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
天気


-天気予報コム-
あんてな

Amazonサーチ

Google


Google
WWW を検索 akato.blog.shinobi.jpを検索
忍者ポイント広告